ネットカジノの違法性が問われて逮捕された事件を解説

いつでもどこでもオンラインで白熱したギャンブルを楽しめるネットカジノは、日本国内から遊んでも違法で逮捕されることはありません。
しかしあくまでもグレーゾーン的な立ち位置であるため、場合によっては違法性を問われて逮捕されてしまうこともあります。

その有名な事件が「スマートライブカジノ事件」であり、政府ライセンスを取得しているネットカジノにも関わらず、日本人プレイヤーが逮捕されました
このスマートライブカジノ事件、その背景には何があったのか?どうして逮捕されたのか?などを詳しくご紹介していきたいと思います。
これからネットカジノで遊ぼうと考えている方の注意喚起でもありますので、是非参考にしてみてください。

スマートライブカジノ事件とは

スマートライブカジノ事件とは
スマートライブカジノ事件とは、海外拠点のネットカジノ「スマートライブカジノ」で遊んでいた数人のプレイヤーが逮捕された事件です。
スマートライブカジノ事件前にNetBanQ事件という、オンライン決算会社が摘発された事件が起こりましたが、それはあくまでも運営側の逮捕です。

このスマートライブカジノ事件は、無店舗型のネットカジノプレイヤーが初めて逮捕された事件として、広く注目を集めていました。
そもそもスマートライブカジノは現在でも存在する大手ネットカジノであり、イギリス政府とマルタ共和国政府からライセンスを取得している合法のネットカジノなのです。
合法ネットカジノなのにも関わらず、どうしてプレイヤーに違法性が問われて逮捕されてしまったのか、詳しく見ていきましょう。

日本人向けに特化したスマートライブカジノ

多数の日本人プレイヤーが登録しているスマートライブカジノでは、拡大する日本市場に目をつけ、日本人ディーラーを採用していました。
他にも日本人に有利なイベントやプロモーションを随時開催し、さらに日本時間の夕方から深夜にかけて、日本人ディーラーによるライフゲームを行っていました。

まさに日本人向けに特化した運営をしていたのがスマートライブカジノなのです。
このことから、海外拠点のネットカジノでも、日本国内に胴元が存在すると見なし、逮捕に至りました。

もちろんあくまでも「見なした」だけであり、スマートライブカジノが日本を拠点にしていたわけではありません。
しかし「日本人ディーラーの存在」「多くの日本人がプレイする時間帯でのライフゲーム開催」「日本語によるコミュニケーション可能」という3つの事実があります。
そこで「日本国内でカジノをしている」と判断し、賭博罪適用事件として動いたわけです。

どうしてプレイヤーが特定されたのか

どうしてプレイヤーが特定されたのか
海外拠点のスマートライブカジノで遊んでいたのに、どうしてプレイヤーが特定されてしまったのか?非常に気になるところです。
その原因は「チャット履歴」と「SNS」にあります。
スマートライブカジノには、ディーラーや同席のプレイヤーとチャットができる機能があり、そのチャット履歴にベット金額やアカウントが表示されていました。

さらにそこからプレイの様子を公開していたSNSやブログが突き止められ、開示請求によって本人が特定されたそうです。
つまり日本人ディーラーのテーブルでライフゲームをプレイし、チャットで日本人同士が会話し、さらにSNSやブログでその様子を公開していたという事実が紐付けされて違法性が問われ、逮捕に至ったわけです。

逮捕されたプレイヤーのその後

逮捕されたプレイヤーのその後
スマートライブカジノ事件で逮捕された数人のプレイヤーは、単純賭博罪による略式起訴という形で、10~20万円ほどの罰金が課せられました。
つまりプレイヤーが罪を認め、そして軽犯罪ということから、裁判をすることなく罰金刑で済みました。

スマートライブカジノ事件でわかったことが、日本人に特化したネットカジノで遊ぶことは、たとえ海外拠点の合法ネットカジノであっても、違法性が問われて逮捕されてしまう恐れがあるということです。
ただスマートライブカジノ事件に関しては、胴元が日本国内にいると判断した上で、プレイヤーの逮捕に踏み切ったそうです。
しかし実際には胴元は海外であったため、略式起訴だけで済んだと考えることができます。

まとめ

今回は、ネットカジノの違法性が問われて逮捕されたスマートライブカジノ事件について詳しく解説してきましたが、ご理解いただけましたでしょうか?
スマートライブカジノは、現在でも運営が続いている大手ネットカジノではありますが、過去の日本人特化の運営姿勢で、プレイヤーの逮捕者が出てしまいました。

そもそもネットカジノに関しての法律は一切存在しないため、立場的にはグレーゾーンになります。
スマートライブカジノ事件は、チャットで日本人同士が会話し、さらにSNSやブログでその様子を公開したことで個人が特定され、逮捕に至りました。
同じようなトラブルに巻き込まれないためにも、ブログやSNSなどで堂々とプレイの様子を配信するようなことは、避けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください